ハウスダンスについて

 さて、今回で最後の内容となる。これまで、様々なストリートダンスについて紹介してきたが、いかがだっただろうか。自分に合ったダンスを見つけることができただろうか。そうであれば、うれしい限りである。では、少し、前回の内容について話したいと思う。前回は、ジャズダンスについて話をした。ジャズダンスとは、20世紀初頭に登場したバレエの要素を取り入れた新しいダンスである。その起源は、アメリカに渡ってきたアフリカの黒人が踊っていたものが元となっているらしい。

Dance Research Forum Ireland — Fóram Taighde Rince na hÉireann

黒人が、奴隷として祖国から遠く離れたアメリカに連行された際に、苛酷な労働の中でも祖国を忘れることがないようにという意味で自由な音楽と自由なダンスというものが黒人たちの中で流行していったことが起源とされている。その自由で楽しそうなダンスを見た白人が、これらに影響され、当時の白人のダンスは、主に、クラシックバレエが中心であったため、このクラシックバレエと黒人の自由気ままなダンスが偶然融合してできたダンスである、というものが前回の内容であった。では、今回で最後となるストリートダンスの内容は、ハウスダンスである。あまり、馴染みがないように思われるが、実はこのハウスダンスは日本人にはぴったりなダンスなのである。

キッズダンス 仙台はここ

 ハウスダンスもジャズダンスと同じように、比較的最近登場したダンスであるため、歴史というものはまだ浅い。ハウスダンスの由来は、お察しの通り、ハウスミュージックから来ている。このハウスミュージック(主に「4つ打ち」、「速めのテンポ」が特徴である)に合わせ、「流れるような素早い足さばき」をしていく。この「流れるような素早い足さばき」というものが、ハウスダンスの最大の特徴である。様々なステップやスピンなどを混合させ、テンポよく踊るというものが基本的なハウスダンスのスタイルである。比較的、器用な人が多いとされている日本では、多くの人がこのハウスダンスを行っているという。また、日本人は、複雑で細かい動きが得意ということから世界でも高く評価されており、ダンスの世界大会での決勝戦が日本人同士の対決であったこともあるほど、このハウスダンスは日本人の体質にはぴったりなダンスなのである。

ジールスタジオ エンタテインメントコース(芸能スクール、ダンス・ボイスレッスン)

 以上で、今回の内容はすべて終了である。これを読んで、ストリートダンスに少しでも興味を持ち、また、挑戦してくれる人が増えることを信じたいと思う。